So-net無料ブログ作成
新技術 ブログトップ

100回着ても洗濯不要のシャツ画像、キックスターターとは? [新技術]

100回着てもシワ、ヨゴレ、臭いが付かないシャッツって信じられますか?

アメリカNYに拠点を置くブランドの「Wool&Prince(ウール・アンド・プリンス)」のシャツが話題になっていると、5月6日のCNNで報じられました。

このシャツは100回以上着てもシワや汚れ、臭いが付かないのが特徴です。

 洗濯、アイロンが要らない理由は、
細いウールの糸で織り、温度や水分調節に優れ、通常の綿シャツと比べて6倍長持ちするという。


 実際に100回来て貰いたいというわけでなく、その程度洗わなくても大丈夫な性能があるということですね。

 普通なら、一日着ると洗わずにはいられなくなってしまいます。

報道では、13年4月中旬にクラウドファンディング(出資者を募るWEBサービス)「Kickstarter(キックスターター)」に登場して資金を集めたと言われました。

キックスターターとは、インターネット上で、ベンチャー企業が立ち上げ資金を集めるために出資者を募るのに有効なサービスです。
日本版は無いのかと思ったのですが、実際には日本でも稼働しています。

・Camp Fire

●ReadyFor
などのサービスがあるので、新規事業を立ち上げる際の資金調達に利用することもできます。


ウールアンドプリンスは「キックスターター」により、目標の3万ドル(約297万円)を集めて、近く販売展開をはじめる予定です。

1着98ドル(約9700円)となる予定ですので、通常のシャツと変わらない値段ですね。
写真は
ウール&プリンセス.jpg

見た目も普通のシャツと変わらないですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

3Dコピーで仕事が変わる。フィギュアも、内臓も複製可能 [新技術]


昨日、仕事の現場で、取引先の人と何気なく
会話していて、印象に残る言葉がありました。

「3Dコピー」

今これを読んでいるあなたは知っているかもしれませんが、
今、凄いことになっているようですね。

昨年は、山中教授のiPs細胞による再生医療の可能性が見えた年でしたが、

コピーの技術によっても再生医療が研究
されているようです。

昨日話していた取引先の人は建築の設計
をする方なのですが、
その人がテレビで観た番組は、

・3Dコピーによって、人物のフィギュアが作れる

・鋳型技術がいらなくなる。

・心臓弁膜を体内の細胞を使ってコピーすることが出来るようになる

という内容のだったようです。

今、コンピューターで行なっている「設計」
という仕事も、昔は手で線を引いていたものが、
近い将来は違う書き方をすることになるかもしれない。

とか、

コンピューターによって人類が支配される時代になってきている

という話に及びました。

そういえば、iPodやケーブルテレビの
普及で、映画や音楽などがネットから配給されるので、

少し昔にあったレンタルビデオ、CDなんていう店はどんどん少なくなってきていると思います。

これなんかも、
人間がお店の中で「店員」としてやってきた仕事を、人間に変わってコンピューターが行なっている状態の一つです。

しかも、従来は、工場の中のチームで
組織的に生産していたものが、個人で生み出すことができる技術が出現しています。

例えば、電子機器の部品を作るのに、
大手メーカーの工場ではなく、
3Dコピーにより生産できるようになっているので、個人でも部品をつくれる。

というかたちです。

お医者さんが行う手術だって、近い将来は、
パソコンソフトが行うなんていう話も
全くあり得ないということではないかも
しれません。

やはり、今までとくらべてこれからの仕事のやり方が、ガラッと変化しているのですね。

機械の奴隷にはなりたくないですからね。

他の本を読んだら心臓の手術で心臓に『細胞シート』を貼ることで、人工心臓の患者さんが3カ月後には、外せるようになった例もあるということでした。

思いもしない方法で、病気が治るのですね。

なんか希望が出てきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
新技術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。